カロリナ酵素は安全性が高いサプリ?

カロリナ酵素のサプリの品質は大丈夫?

口の中から体に取り込むものなので、安全なものか心配ですよね。

 

「工場はしっかりした場所で作られているのかな?」

 

「農薬は使用されている?」

 

カロリナ酵素は、徹底的に品質管理された工場や工場背景で製造されているので安心できるサプリです。

 

どんな基準をクリアしている工場さんで作られているかご紹介しますね。

GMP基準認定

GMPとは正式名称がGood Manufacturing Pravtice といい、訳すと適正製造規範のことをいいます。

 

 

適正製造規範って難しい言葉でよくわからない・・ですよね。

 

簡単にいうと決められた基準値をクリアして、安全に作られている商品に与えられるマークで、厚生労働大臣が品質管理基準。

 

 

このマークが与えられている商品は、ちゃんと原料の仕入れ段階から製造、出荷にあたる全ての行程で安全が確認されているので安心ですね。

 

正しく管理されるので、一定の品質が保てる効果はがあります。

HACCP(ハサップ)

HACCPとは、Hazard Analysis and Critical Control Pointの略で、危害要因分析重要管理点という意味です。

 

 

危害要因分析重要管理点?となんだか難しい漢字続きの言葉ですが、衛生管理を行うにあたり、健康の被害(食中毒など)を起こす可能性がないか予め科学的に検討し、未然に防ぐ方法をいいます。

 

 

例えば、病原性のある生物や異物が混入しやすいや、人が食べた時に残留農薬がどのくらい体内に入るかなど危害要因は、生物的、科学的、物理的の3つに分けられ考えられています。

 

こちらも厚生労働省が基準として定めている基準で、それぞれに基準値などがあり管理されています。

有機JAS認定

有機JASは農林水産省が定めている基準で、農薬や化学肥料などを使用せずに作られた食品に与えられます。

 

まずはJAS法に適合しているかを機関が調査されます。その後、有機JAS規格の基準をクリアしたものに有機JASマークが付けられます。

 

 

有機栽培は非常に難しく、農薬を使えないので蒸しの駆除は雑草の処理などは人がひとつずつ丁寧にすることになります。

 

すると1人で出来る作業は限られているので、どうしても人の数が必要となりますよね。

 

人件費がかかってしまいどうしても人件費を考えると採算が合わなくなるので取り入れている農家さんはなかなか有機栽培するこうとが出来ません。

 

有機JASとして現全体の0.2%現在登録さえれています。

 

農薬を使用していないので安心して身体へ取り込むことができますね。

 

放射能検査済

カロリナは放射能検査もチェック済みです。

 

放射能性物質の測定の種類は、ヨウ素131(131I)、セシウム134(1134Cs)、セシウム137(Cs)の3種類にあたります。

 

 

カロリナでは、3種類の成分で検査したところ検出されませんでしたので、安心してサプリを飲用できます。

 

原子力は目に見えないので汚染しているかのかがすぐには分かりません。

 

身体の中に入れる物なのでしっかりと検査をしている商品だと安心ですよね。

まとめ

カロリナはしっかりと特許成分を使用しているだけでなく、製造工場も徹底的に管理されている中で製造されているサプリメントです。

 

食品の製造や食中毒等の衛生面の危機管理が徹底にされているので、安心してサプリを飲用できますね。